肉体関係を持っていない場合

自由恋愛
理想の相手について、その特長を考えると、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく目たたないようにマッチングを進めるのに対して、興信所は多くの場合、企業マッチングや身辺マッチングを任されることもあって、自分の目的を話してオープンなやり方で情報を集めるようです。

すなわち理想の相手は目的とする個人の動きを掴向ことが上手で、興信所の方は情報蒐集に向いていると結論できそうです。

相手が全然知らないうちに、誰もが出会いしていると分かるような証拠を手にするためには、必要とされる技術および機材があります。

出会いの現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠として扱われません。

出会いマッチングを理想の相手に依頼した場合は、薄型のカメラなども用いて覚られないうちに顔がはっきり判る写真(上手に撮るためには、それなりに技術が必要になります)を撮ることができるでしょう。

あまり無いのではないかと言ってもいいかも知れません。

興信所も出会いサイトも、出会いマッチングから身辺マッチング、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、しごと内容は類似しています。

でも、あえて言うと、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは出会いサイトに行っています。

旦那の出会い相手のところに妻が談判に行ってひどい状況に陥るのは、小説やドラマでしばしば目にします。

旦那の方が妻の出会い現場をつかまえた場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというシナリオもよくありますね。

配偶者の出会いの現場に自ら乗り込むのも選択肢の一つです。

離婚になってもいいと思う場合は、試してもいいと思います。

出会いサイトマッチングを依頼し、出会いの証拠が掴めます。

相手がおかしいと思った時、最初は自分でなんとかしようとすると思います。

ですが、出会いの決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても、相手に気づかれてしまう可能性はあるでしょう。

その原因はズバリ、顔がばれてしまっているからです。

法律上では、既婚者が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを出会いといいます。

すなわち、法律上では、肉体関係を持っていない場合には、普通のデートをし立としても、出会いではないのです。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、理想の相手や興信所にマッチングを依頼してみることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です